2010年03月18日

芸能人ID流出の元社員、公共無線LAN悪用か(読売新聞)

 ブログサイト「アメーバブログ(アメブロ)」を利用していた芸能人のIDやパスワードが流出した事件で、警視庁に不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕されたホリプロの元契約社員、岡田邦彦容疑者(30)が、IDなどが入っていた会社のノートパソコンを外に持ち出し、飲食店の無線LANを使って流出させていたことがわかった。

 同庁は岡田容疑者が通信履歴から特定されないよう、不特定多数が利用する公共向けの無線LANを悪用したとみて、捜査している。

 発表によると、岡田容疑者は昨年12月31日夜、東京都品川区の飲食店周辺から無線LANで芸能人のブログに不正に接続し、1月1日未明にIDなどの個人情報を閲覧可能な状態にした疑い。調べに対し、「重要な情報を持っていることを伝えたかった」などと供述しているという。

 ホリプロによると、岡田容疑者はホームページ作成などを担当していたが、今月10日付で懲戒解雇された。ホリプロは17日、「あってはならない不祥事で、二度と起きないよう対策を講じたい」とのコメントを発表した。

女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判−水戸地裁(時事通信)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、7m西に植え替え(読売新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)
愛子さま、4日続けて登校(時事通信)
posted by イザワ ヤスオ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)

 覚せい剤を密輸したとして、千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受けたフィリピン国籍の女性被告の弁護側が、「裁判員裁判は違憲」と主張して東京高裁に控訴したことが16日、分かった。公判前に同制度を違憲として裁判官のみの審理を求めたケースはあるが、違憲を理由とした控訴は全国初とみられる。
 被告は無職パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。一審で無罪を主張したが、千葉地裁は1月、覚せい剤約2キロをマレーシアから日本に持ち込んだと認定し、懲役9年、罰金400万円を言い渡した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判

春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)
雪・強風で太平洋側大荒れ、けが140人(読売新聞)
ホーム火災避難、地域との連携なしには困難(読売新聞)
佐藤昭子氏死去(田中角栄元首相の元秘書)(時事通信)
posted by イザワ ヤスオ at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。