2010年06月18日

<カボチャ>宇宙へ行ったはずの種不明 山崎飛行士と帰還?(毎日新聞)

 千葉県松戸市は15日、山崎直子宇宙飛行士(39)と宇宙へ行ったはずの松戸原産のカボチャの種120粒が、所在不明になっていると発表した。米国内で紛失し、もともと宇宙に行かなかった可能性もあるという。市は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に調査を依頼した。

 市によると、「松戸白」230粒と「国際交流かぼちゃ」120粒を別々の封筒に入れ、プラスチック容器に収めて昨年10月に米国へ送った。容器はスペースシャトルに積まれて今年4月5日に打ち上げられ、同20日に山崎飛行士と帰還した。市に戻った容器を開封したところ、「松戸白」230粒しか入っていなかったという。【早川健人】

【関連ニュース】
宇宙種:再打ち上げ…JAXA、9月に同じ種類
雑記帳:山崎宇宙飛行士の街頭パレード 千葉・松戸
山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問
スペースシャトル:行方不明の植物の種子 依然発見できず
山崎直子飛行士:帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」

広がる「スポーツごみ拾い」 競技感覚で環境意識向上(産経新聞)
<殺人未遂>愛知の女子高生重傷 胸や腰など刺し傷十数カ所(毎日新聞)
鳩山氏、社民へ恨み節「離脱しない亀井氏は立派」(読売新聞)
店長に怒られカニ、イカ死なす=いけすに洗剤、元従業員逮捕―北海道函館市(時事通信)
芭蕉の故郷で“つぶや句”ツイッター俳句 7月開催(産経新聞)
posted by イザワ ヤスオ at 17:20| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

<菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)

Q:北海道新聞です。北方領土問題についてですが、鳩山前総理はやり残した仕事として北方領土問題を挙げられました。メドベージェフロシア大統領と6月のサミット、9月のロシアの国際会議、11月のAPECで3回首脳会談をやる予定でした。菅総理としてはこのメドベージェフ大統領と総理の約束を踏襲されるのか、北方領土問題について実際的にどのようなことをやっていきたいとされるのか。

A:ま、率直なところまだ私自身がですね、鳩山前総理がどういう約束をメドベージェフ大統領とされているのか、あるいはその流れがどうなっているのか、必ずしも詳細にまだ状況を把握しておりません。ですから、この問題大変重要な課題であると同時に、大変、歴史的にも非常に長い間の問題で、大きな課題であるだけにですね、どういう形で取り組むことが適切か、まずはこれまでの経緯、あるいは鳩山総理とメドベージェフ大統領のそういう約束の中身なども十分検討したうえで判断したいと思います。

Q:フリーランスです。先ほど質問された中にありました官房機密費の問題について、総理お答えになっていなかったようですので重ねて質問申し上げます。野中元官房長官が機密費を、言論人、あるいはマスメディアに配って、いわば情報操作、言論操作を行ったという証言をしました。その後、私自身も取材を行い、この野中さんの発言だけでなくはっきりと私は、機密費を受け取ったと証言する人物も出ております。評論家の佐藤優さんはかつて江田憲司から機密費を受け取ったと私にはっきりおっしゃいました。こうした政治とカネならぬ報道とカネの問題、政治と報道とカネの問題と申しましょうか、こうした問題は大変ゆゆしき問題だろうと思います。この点についてきちんと調査をなされる、そして機密費の使途についてこれまで使った分も、それから今後使用される分も含めて公開されるお気持ちはあるかどうか、お考えをはっきりお述べ頂きたいと思います。よろしくお願いします。

A:機密費という問題、あの、なかなか何と言いましょうか、あの、根源的な問題も含んでいるわけです。ものの本によればですね、戦前でしたでしょうか、ソ連の動きを明石大佐でしょうか、いろいろ調査をするときにですね、巨額のまさにそういう費用を使ってですね、いろいろそういう意味での情報のオペレーションをやったということも歴史的には出ております。

 そういう意味で、あの、確かにその国民の皆さんの生活感覚の中で考えられることと場合によっては機密費という本質的な性格の中にはですね、一般の生活感覚だけでは、はかることの場合によってはできないもうちょっと異質なものもあり得ると思っております。今この問題、官房長官の方で検討されていると思いますが、まあ、あの、いろんな外交機密の問題もある意味である期間があけた後に一度公開するルールも、必ずしも日本ではっきりしていないわけですけれども、この機密費の問題もですね、何らかのルールは、そういう意味でですね、あの必要なのかなと思いますが、現在その検討は官房長官ご自身にゆだねているところです。

 報道のあり方についてはこれはあまり、私の方からですね、言うべきことというよりも、それは報道に携わる皆さん自身がですね、考えられ、あるいは自らのルールが必要であれば、自らの自主的なルールを考えられればいいのではないかと。私なんかも時折ですね、記事が違うんではないか、一体誰から聞いたんだと言っても、それは取材元の秘匿はジャーナリストのいわば原点ですからといわれて、まあ、それはそれで一つのルールなんでしょう、考え方なんでしょうから、政治とカネの問題についても皆さん自身がどういうルールなり倫理観をもって当たられるか。まずは皆さん自身が考えられ、あるいは必要であれば議論されることではないでしょうか。

【関連ニュース】
<最初から読む>菅首相会見:その1「政治の役割は最小不幸の社会を作ること」
<特集>菅政権

「うまい!」幕末ビール復刻版、試飲会で好評(読売新聞)
駅ロッカーから新生児の遺体 大阪・阪急梅田(産経新聞)
<名古屋空港>9路線「維持は困難」 日航、県に回答(毎日新聞)
政府答弁書・外国人参政権では国境の町の意見も踏まえる(産経新聞)
幻の樽床首相、橋下「大阪都」構想を否定(産経新聞)
posted by イザワ ヤスオ at 00:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)

 個展の「フラッシュ」というタイトルが示唆するように、画面から発するまばゆい光が印象的な油彩画の作品群だ。たとえば東京らしき都市の夜景を描いた「ジョイライド」。タワーや高層建築の中で、人が泳いでいたり、のんきに舟に乗っていたりする。どうやら街は水の中に沈んでいるようだ。大洪水に見舞われたのか。にもかかわらず、あちこちで炎のような光が立ち上がる。

 密集して建つ建物がオレンジ色の炎に包まれゆがんだ「オレンジ」、建物が崩壊し廃虚のような都市を見下ろした「フィクス・アンド・リリース」。恐ろしい光景のはずなのに、なぜだか不気味さはなく、むしろ明るく華やいでいる。虚構の光景だろうが、どこかで見たことがあるような…。

 今津景は昭和55年、山口県生まれ。ネットや雑誌などから得た自身の生活とはまったくかけ離れた写真などをあえてモチーフにして制作しているという。絵の具を執拗(しつよう)に塗り重ね、さまざまなイメージを複雑に交差させることで、手のぬくもりのあるリアリティーある世界を構築しているようだ。19日まで(日月祝日休)(和)

<菅首相>普天間移設、出口見えず 「日米合意を踏襲」(毎日新聞)
成田エクスプレス、長野電鉄に「移籍」(読売新聞)
陛下のご静養「5日から」と官房長官 閣僚辞表4日とりまとめ(産経新聞)
大分で住宅全焼、2人の遺体・4人重軽傷(読売新聞)
温首相、ジョギングで市民と交流(産経新聞)
posted by イザワ ヤスオ at 06:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。